読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の私は本気です

いつも本気でいたい。

12月に読んだ本をまとめました

読む読む

始まりました、2017年。
今年もよろしくお願いしますね。

さて、昨年の話になりますが、読んだ本のまとめ。
今年も多くの良い本に出会えるといいな。

2016年12月の読書メーター
読んだ本の数:4冊 読んだページ数:1092ページ ナイス数:18ナイス
男の子って、どうしてこうなの?―まっとうに育つ九つのポイント男の子って、どうしてこうなの?―まっとうに育つ九つのポイント感想
働く母にとっては、保育園という場所が男の子には向いてなくて、通わせるべきでない、といったことが書いてあった時点でなんとなく心のシャッターが閉じてしまった。が!参考になったのは、男の子にとって必要な人間が3つの期間で変わってくるというところ。乳幼児期は母親、6歳から14歳は父親、14歳以降は家族以外の信頼できる大人の男性、とのこと。親は交友関係には目を光らせる必要があるし、特に14歳以降は同じ年頃の子どもたちだけで形成されたコミュニティに浸らせるのは危険らしい。 読了日:12月16日 著者:スティーヴ・ビダルフ,菅靖彦

「子供を産まない」という選択「子供を産まない」という選択感想
検討した結果子どもを持たないことにした、という意見をもう少し知りたかった気もする。子どもがいたら幸せだったかも、いなかったら幸せだったかも、っていうのは、隣の芝生は青いだけです。そもそも子どもは幸せになるためのモノではない。自分の人生は自分がどの道を選んでも、あるいは選びたかった道を選べなくても、自分で納得いくものにしていくものなんだなって思った。 読了日:12月10日 著者:衿野未矢

疲れやすい人の食事は何が足りないのか (青春新書プレイブックス)疲れやすい人の食事は何が足りないのか (青春新書プレイブックス)感想
主食を抜いたり、糖質制限したり、はダイエットで一時的に効果を見せるものの、疲れやすい身体にしてしまうだけ…とのこと。これだけ食べればいい、みたいな簡単な解決方法はありませんが、ちょっと気をつければできそうな食材の組み合わせ方など参考になりました。肉体疲労だけでなく、精神疲労にきく食べ方もあって実用的!朝ごはん、ちゃんとした内容で食べないとなぁ… 読了日:12月8日 著者:森由香子

夢をかなえるゾウ3夢をかなえるゾウ3感想 夢を叶えるためには、痛みを伴う。その痛みを楽しめるよう、夢が叶うまでをストーリーにしてしまう。この手の本は読んだだけじゃなんの効用もない。何か一つでもやらなきゃあかんのです。 読了日:12月7日 著者:水野敬也
読書メーター