読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の私は本気です

いつも本気でいたい。

憧れのてんぷら深町(京橋)でランチ

こんにちわっつあっぷりぷり。

元気でやっているかい?ツイてるかい?ノッてるかい?
先日、いつかは行ってみたいと思っていた憧れの天ぷら屋さん深町へランチをしにお邪魔してまいりました。

こちらのランチメニューは、かき揚げ丼2,800円、天ぷらのコース7,000円、9,000円のいずれかとなります。かき揚げ丼をいただく場合は、お席の予約はできませんので、7,000円のコースをいただくことにし、しっかり予約をして行ってきましたよ。
カウンターで、揚げるところを見ながらいただきたいのであれば、予約は必須です。
お1人様であれば、席が空いていると通してくださいますが、2人以上だと席が空いていない場合、ごめんなさいされていましたのでご注意を。
11:30の開店直後であれば、2人でしたらテーブル席にすぐ着席できていたようです。

さて。こんもりと盛ってある大根おろしに気分が高まるテーブルセッティング。
7,000円のコースでは、車海老2本、お魚3種、お野菜5種を生絞りの太白ごま油で揚げてくださいます。

f:id:rukakobuta:20160325170017j:image

 

1品目はエビの頭でした。なんとまぁ香ばしいこと。衣がつきすぎておらず、軽くて上品だなという印象。
種にまずてんぷら粉?小麦粉?をつけて、その後衣に通して揚げていらっしゃいました。

f:id:rukakobuta:20160325170030j:image
 
そして車海老。写真は1本だけど、もう1本いらっしゃいます。
最初はレモンとお塩で、2本目は天つゆでどうぞ、とのこと。
種の中心はほとんど生で、この半生な所がエビの甘さを際立たせていたような気がするぅ。
f:id:rukakobuta:20160325170036j:image
 
そして、タラの芽。お塩でいただきました。ホクホクでとっても美味でした。
f:id:rukakobuta:20160325170044j:image
 
ふきのとう。苦味がまた大人の味。天つゆで。
f:id:rukakobuta:20160325170052j:image
 
きす。あなたとキス。レモンとお塩で。サクふわ・・・。
f:id:rukakobuta:20160325170058j:image
 
福岡産のタケノコ。天つゆで。まるでトウモロコシをいただいているような甘み。
f:id:rukakobuta:20160325170103j:image
 
ほたて。中心は生でトロトロ・・・。幸せなほたてだった・・・。
f:id:rukakobuta:20160325170110j:image
 
しいたけ。天つゆで。肉厚でジューシーすぎる。
f:id:rukakobuta:20160325170119j:image
 
アスパラ。半分はレモンと塩で。もう半分は天つゆで。
程よい硬さに食感を楽しむ。
f:id:rukakobuta:20160325170127j:image
 
そして、そして、最後に穴子ですが、こちらは、天丼にするか、天ぷらとご飯を別々にするか、選ぶことができるのであります!!私は、天丼にいたしました。
なんとまぁ、上品な甘さのタレであることよ。しつこくないの。
香物もすごく美味しかった。食材の食感がフレッシュなまま損なわれずに、程よく酸味が効いている。特に大根は本当に美味でした。
赤だしの味噌汁にはシジミが。
f:id:rukakobuta:20160325170140j:image
 
最後に、リンゴのシャーベットをいただき、大満足でございました。
重たくない、ライトな天ぷらで、シニアな方とはとっても相性が良いのではないでしょうか。もちろん、シニアな方でなくても、揚げ物はもたれるから・・・みたいな方も一度は試していただきたいこの軽やかな天ぷら。

そういえば、外国人の観光客も数組いらっしゃいました。
少し前にお店の前を通りかかった際にも、外国人のご一行様がお店の前で店主と記念写真を撮っておられました。ガイドブックに載っているのかしら。

はぁ〜、やはり食べることが生きがいであるなぁ、と思うのでした。

てんぷら深町(ぐるなび

r.gnavi.co.jp

 

てんぷら深町(食べログ

tabelog.com