読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の私は本気です

いつも本気でいたい。

東京三大豆大福 松島屋の大福は美味しいのか

おいしい記憶

トレンディエンジェルの斉藤さんが頭から離れない。

 
ちゃお、ちゃお、はっろー!
 
先日の東京三大豆大福 瑞穂に続きまして、今日は泉岳寺の松島屋さんの豆大福についてお送りいたします。
 
どうしても瑞穂さんとの比較になってしまうのですが、そこはかんべんべんべん。
 
松島屋さんは、泉岳寺駅を降り、高輪の高級マンションが立ち並ぶ坂道を登りきったところにございます。
10キロ強の子どもが乗ったベビーカーを押しながら、は正直しんどかった〜笑
 
昼前の11:30頃に到着しましたが、先客2名。途中で来た方は、今日はもう大福終わりました、と断られていました。こちらも豆大福は予約必須です。
 
松島屋さんの大福は、小包装はされておらず、賞味期限は特に真空保存しなくても翌日までなら大丈夫、とのことでした。それ以降は豆が硬くなっちゃうのよ、と言われましたね。
f:id:rukakobuta:20151215231956j:image
 
なるほどお餅が硬くなるんじゃなくて、豆が硬くなることを心配する、ということは、あまりお餅に重点は置かれていないのかな。
それも大福を食べてみてわかったの、松島屋さんの大福のお餅は薄い。
主役はあんこのようでした。
f:id:rukakobuta:20151215231355j:image
 
あんこは粒あんで、豆と粒あんが口当たりを強くしている印象。
クランキーチョコレートの大福版、みたいなそんな印象。(当社比)
 
餅とり粉は多めで、塩加減も瑞穂に比べれば強い。
 
そんなこんなでこれもやっぱり好みだね〜、
粒あん大好き、あんこは粒じゃないと、あんこじゃないわ、って人には高ポイント貰える豆大福なのかな〜、と思いましたよ〜。
 
*松島屋(港区高輪、最寄駅は泉岳寺
予約は来店2日前が原則。場合によっては(おそらく注文状況によって)1日前でも可。1つ170円。