読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の私は本気です

いつも本気でいたい。

英語の先生は子育ての師

毎日のこと 学び 子育て
今日のオンライン英会話Skypeレッスンの先生は、もう自立した子どもがいて、子育てについて話ができるから、お気に入り。

例によって、子どもの話を、スクリプトを使ったレッスンの前に少しした。

子どもがまだ1歳数ヶ月であるのに、1週間も離ればなれになることについて聞いてみた。なぜなら近い将来そういう機会が訪れることになるからだ。

私はとても不安なのだ。まだおっぱいをあげているので、おっぱいがないと、不機嫌極まりなくなるのではないか、
母親の私を忘れてしまうのではないか…と心配なのだ。
なにより、この私が彼と離れることに自信がない。

そういったことを話しててみたら、

子どもはあなたとお腹の中で9ヶ月も一緒にいたんだし、
忘れるはずがないわよ、ただ、再会してすぐは、プイッと怒ってる風に見えるかもね、

子どもはあなたが思っているよりずっとadoptableなんだから、大丈夫。なにより他人で話す、身内の人、お父さんと一緒なんだから、

子どもにとって、お母さんがいなくなって、しばらくして戻ってくる、ということを学ぶ機会になって、いいのよ、

などと励ましていただけた。


うむ、子どもにとっても、親にとっても成長の機会になりそうである。