読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の私は本気です

いつも本気でいたい。

1月に読んだ本をまとめました

読む読む

2015年1月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2798ページ
ナイス数:61ナイス

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)感想
はじめは、へー!そうなの!?と驚きながら読みましたが、段々と、深読みしすぎなんじゃないの?と白けて来てしまいました。が、これはこれで一つの見方、それも外交の現場をご存知の方の見方ですから、読んでおいて損はないのでは。沖縄の米軍基地は昭和天皇のご意向とのことです、これが一番驚きました。知らなかった〜。
読了日:1月31日 著者:孫崎享
星野リゾートの事件簿星野リゾートの事件簿感想
星野佳路さんの凄さが知りたかったのだが、本書では印象が薄い。現場の人間が問題解決に主体的に取り組む場面がフィーチャーされています。行ったことのあるトマムでの雲海テラス誕生の物語が一番面白かったかな。
読了日:1月23日 著者:中沢康彦
ベイジン〈下〉 (幻冬舎文庫)ベイジン〈下〉 (幻冬舎文庫)感想
2008年に刊行されて、2010年に文庫化された原子力ブームに異を唱えた本。その後2011年の福島原発事故………。クライマックスでは、原子力発電への反発が否応無しに沸いてくるので、著者の目的は十二分に果たされている。裏テーマに"希望"があるが、希望を持つも持たぬも読者次第、と読者に"考えろ"と突き付けてくるクライマックスでもある。ハゲタカに続き、またもや一気読みさせられた…!真山仁は第2の山崎豊子なのか…!?
読了日:1月22日 著者:真山仁
ベイジン〈上〉 (幻冬舎文庫)ベイジン〈上〉 (幻冬舎文庫)感想
これは…。中国という国に嫌気がさしてくる程度には、物語の世界にのめりこんでしまうよねー。
読了日:1月22日 著者:真山仁
10歳までが勝負!「生きる力」をはぐくむ子育て10歳までが勝負!「生きる力」をはぐくむ子育て感想
2007年の本。約10年ほど前の本になるのでしょうか。読んでいて感じたのは、父親が外で働き、母親が家で家事をする家庭が大前提で書かれているな、ということ。それはさておき、外遊びで様々な能力を開眼させていくのが子どもだそう。興味深く、またメモもたくさん取りながら読みました。"家庭が話し声、歌声、笑い声に満ちていれば、幸せはそこにある。"
読了日:1月16日 著者:高濱正伸
出版禁止出版禁止感想
ホラーはお好きですか? - 今年の私は本気ですhttp://rukakobuta.hatenablog.com/entry/2015/01/15/234049
読了日:1月16日 著者:長江俊和
エースと呼ばれる人は何をしているのかエースと呼ばれる人は何をしているのか感想
AKB48モーニング娘。のメンバーに関する裏話が面白いので、ファンの人や興味のある人は読むと楽しいかも。エースイコール成長し成功への道を歩むことができる人のことを言っていて、必ずしも成功した人のことを言っているわけではないです。エースになるには、自己を確立し、自信を持ち、前に向かって進めばいいのだそうです。
読了日:1月14日 著者:夏まゆみ
良い習慣、悪い習慣: 世界No.1の心理学ブロガーが明かすあなたの行動を変えるための方法良い習慣、悪い習慣: 世界No.1の心理学ブロガーが明かすあなたの行動を変えるための方法感想
"新しい習慣の構築は、あなたの望む行動と、あなたが置かれた状況をいかに強く結びつけるかにかかっている。そして、そのつながりが、自動的に繰り返されるようになる中で習慣となっていくのです。"
読了日:1月10日 著者:ジェレミー・ディーン
新TOEICテスト スコアアップ135のヒント (祥伝社黄金文庫)新TOEICテスト スコアアップ135のヒント (祥伝社黄金文庫)感想
短期間で目標得点を奪取できると噂のすみれ塾長の中村澄子さんのノウハウ本。パート別に効果的な勉強方法、テクニック、受験心構えを詳しく教えてくれているお得な本。次受けるときに絶対やろう、と思ったのは、集中力を持続するために、試験会場でユンケルを飲むこと。
読了日:1月7日 著者:中村澄子
頭のいい子が育つママの習慣 (PHP文庫)頭のいい子が育つママの習慣 (PHP文庫)感想
著者はジャーナリストで、取材経験や自らの経験から本書を書いたようである。全てを手放しで信じたりするつもりはないと、どんな子育て本を読んでいても、思いますが、この本は特にそうかも…。同じ類の本でパパの習慣という本は売れたらしいが…。パパの目線でママがこうあると良いのでは、という憶測を書いた本と言えば納得か。
読了日:1月2日 著者:清水克彦

読書メーター