読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の私は本気です

いつも本気でいたい。

これを読んでいるあなたへ

毎日のこと

多分、このエントリーはSNSによるシェアはしないだろう。
なぜって、書くことが本当にない。
つまり、偶然にこれを見てくださっているか、
あれ今日は更新のシェアがない?と直接ブログに確かめに来てくださったか、
そういう素晴しいかけがえのない方の目に触れるエントリーということか。

にもかかわらず、
残念なことしかおそらく書けない。

書くことがないのだ。

これはどういうことか。

書きたいことがないのか、
書くべきことがないのか、

後者である。

では、書くべきではないことはどういうことなのか。
極めて主観的で
読む人の興味をそそらないと思われる事柄である。

例えば
80年代のジャパニーズポップスの素晴らしさや
松本潤の素晴らしさ、
aikoのしたためる楽曲の素晴らしさや、
私の周りには素晴らしい人しかいないという揺るぎない真実。

主観を書かずして
ではブログには何を書くのか。


主観しかないのである。

話は飛ぶが
人と人の出会いは実に不思議である。
どんな出会いも自分に必要なイベントである。

好きだなぁ、
もっと知りたいなぁ、
だきしめたいなぁ、
だかれたいなぁ、
きらいだなぁ、
しねばいいのになぁ、

色々な出会いがあるが

すべて今の自分に必要なダンジョンである。

男女問わない
ダンジョンである。
これはダジャレである。

何をいいたいのだ、私は。

感謝である。
私と出会って時を共にしてくれる皆への感謝である。
生きることは辛いことだが、
そこでの出会いにはありがたみしかないのである。

iPhoneからの投稿