読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の私は本気です

いつも本気でいたい。

石井ゆかりさんの年報と共に1年を振り返る

毎日のこと

テレビつまんない。

みなさま、いかがおすごしですか?

私の石井ゆかりさん好きは何度もブログの記事に登場しているのでご存知かと思われます。

今年の石井ゆかりさんのふたご座年報は、私にとってその通り過ぎて
びっくりおしゃまんべ空港、といった感じでした。
(まだ終わってないけど)

引用させていただき、ちょっと早いけんども振り返りたいと思います。
以下ピンク字がゆかりさんの年報部分です。

2月になると、貴方の目線はついと上を向くでしょう。
そのときになってはじめて、今まで下を向いていたのだ、とか
今まではある限定的な場所にいたのだ、とか
そういった「今までの状態」の特別さに気づかされるかもしれません。

ちょうどこの時勤めていた会社を辞めよう!と踏ん切りが付き、
退職を報告したのが2月でした。
12年いましたけど、なんとなくなじめないな、とかなじんでるふりしてました。
限定的な場所、という表現にとても共感できます。
もちろん、私を人間的に成長させてくれた会社ですので感謝してもしきれません。

3月から4月上旬には、
プレッシャーを伴う停滞感があるかもしれませんが、
ここは先を急がず、柔軟に調整をしながら
ゆっくり進むのに適した時期です。

3月に退職、次の就職先が決まるような決まらないような、
ふんづまりな時期だった。

6月は、とても特徴的なターニングポイントです。
前述の、「成長と拡大の星・木星」が
とうとう、貴方の星座に、12年ぶりに巡ってくるのです。
それと時を重ねるようにして、
人間関係における「実りと前進」を体験することもできそうです。

今の職場に決まったのが6月。

7月から8月は、とても発展的でかつ、インパクトの非常に強い時期です。
新しい世界を自分の手で引き寄せることができる時期であり、
同時に、世界の方からも貴方に
積極的に働きかけてくれるように感じられる時期でもあります。
両者がまさに「出会った」ところに、
きらめくような新鮮な出来事が起こっていくのだろうと思います。

新しい職場が楽しくて楽しくてという時期。

9月から10月は、非常に忙しい時期となっています。
計画を実行に移すために、
身体を動かして、しっかり動いて行く時期となっています。

引越し、仕事での大きなイベントなど本当に忙しかった。

10月から11月は、「名誉」という言葉が
貴方の世界におりてくるような時期です。

仕事での大きなイベントが滞りなく終わり、
自分のやったことが評価され、本当にうれしかった。

年末は、こころのままに、
遠くまで旅行に出る人が多いだろうと思います。
「修学旅行」のような意味のこもった旅行ではないかと思います。

これは年末なのか、それとも先日のホノルルへの旅のことなのか。
仲間とワイワイ、本当に修学旅行のような楽しい旅でした。
年末に温泉にでも行きたいなぁ、とボンヤリ考えています。

この後愛情関係についても星読みがあり、こうありました。

10月から11月の流れにも、
非常に真摯で清新な雰囲気があります。
過去数年間、孤独の中に生きていた人は
孤独な時間が愛する力を育ててくれたことが解るような
印象的な出来事に遭遇するかもしれません。

なるほど、確かに。

来年の年報もとても楽しみです。
元日にはアップされるようですので、ご興味ある方は是非。

石井ゆかりさん
筋トレ