読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の私は本気です

いつも本気でいたい。

第2回タスクセラピーに参加してきました

学び

皆に平等にあるもの、
1日=24時間

みなさま、いかがお過ごしですか?

毎日がただボンヤリ過ぎて行き、時間を無駄にしていると認識しつつも
なんとなく見ないフリをしていた時にセンセーショナルに飛び込んできた情報、

そう、それは

"第2回タスクセラピーのお知らせ”

そして本日、そのタスクセラピーに参加してまいりました。
$今年の私は本気です

このタスクセラピーでは、タスク管理を極めたコーチ陣が、私のような悩める子羊に
一筋も二筋も希望の光をくださいます。

私が今回タスク管理を真剣にやる必要があるぞ!と思ったのは、
それこそ、ただぼんやりすぎるだけの毎日とサヨナラしたかったからです。

早起き生活にしたくて、目覚まし時計を早い時間にセットしても翌朝、
"あーねむいな、目覚まし鳴ってるけど、別に今日休みだし、いいよねー、寝てしまえー"
と、無駄にモジャモジャ考えて、結局午前中無駄にしちゃう、そんなんばっかです私。

この"無駄にモジャモジャ考える"労力をもっと他に使いたいなぁ、
ルーチンワークは考えるまでもなくただただアラームの言うことを聞いてできるように
なれば、モジャモジャして精神的に消耗することもないなぁ、

…!

タスク管理じゃね?!

という考えが及んでのことであります。

さて、超初心者の私は、まず現状を知るために、自分がどんな時間の使い方をしているのか、
そこから始める必要があるようだということがわかりました。

あすから、Togglというツールでライフログを取る予定です。
$今年の私は本気です

ちなみに、私はこのタスクセラピーに参加するにあたって、以下について
答えを持ち帰るぞ、と課題設定しておりました。

Q.
叶えたい夢、みたいなものはあるけど、それを日々の行動にどう落とすんだろう?

今日のタスクセラピーで得た回答は、
A
・クリティカルに何が難しいかを考え、自分ができるところまで分解する
マインドマップにしてみる

スッキリんこ!やれそうな気がします。

タスクセラピーの主催者、佐々木正悟さんもおっしゃっていました。

"人はできると思った事しかやらない"

今日初めてお会いした、佐々木正悟さん。
著書も読まずに乗り込んだ私の超初歩的な質問にも暖かく答えてくださいました。
その御声がまるで堺雅人さんのようでクラクラしました。
すっかりファンになってしまいました…!

クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!/東洋経済新報社

¥1,680
Amazon.co.jp