読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の私は本気です

いつも本気でいたい。

学んできた選択理論をまとめてみた

学び

一昨日のエントリーに書いたキラキラ選択理論キラキラ

「人は行動を選んでいる、そうなりたくてそうしている」ということを学んできた、と書きました。
あれだけ読んでも、いったい選択理論ってなに?学ぶとどんないいことがあるの?

って話ですよね。選択理論を学ぶと多分、、、

「自分の人生は誰に操られるものでも、脅かされるものでもない!自分の人生は自分で満たすしかないんだ」

ということを理解して、

「自分の欲求や願望に真摯に向き合い、また大切な人との関係がよりよいものになり、より充足した人生

選び取ることができるようになるんではないか、と思うわけです。

「宿題終わらせないと、チョコパイ食べられないからねパンチ!

子供 おやつ 幼児 ドーナツ  - 写真素材
(c) nashieストック写真 PIXTA

幼い頃にこんなこと言われたことありませんか?

選択理論では、こういう風に、叱って、物でつって人を動かそう、とすることは難しいと言っています。
そして、「他人は変えられない自分なら変えられる。でもどこをどうやって変えるの?」

といった時に

「変えやすい部分と変えにくい部分があって、
変えやすい部分にエネルギーを使おう

と明確に説明しているんだそうです。


宝石ブルー変えにくい部分宝石ブルー
雨自分以外の他人
「外的コントロール」で相手に働きかけようとしない
たとえばわかりやすいところでいうと、「怒鳴る」とか「たたく」とか、「褒美でつる」とか。
ただし、「こうなってほしいな」と思うことはOK。

雨自分が生まれ持った基本的欲求の度合い
基本的欲求とは、遺伝子レベルで生まれ持った欲求。
「愛、所属の欲求」
「力/価値の欲求」
「自由の欲求」
「楽しみの欲求」
「生存の欲求」
の5つ。
10段階評価で自分の欲求レベルが計れたりします。欲求レベルが高いほどより強く求める。
このレベルは個性であり、変えることは難しい。

宝石赤変えやすい部分宝石赤
合格自分の思考行為
「思考」と「行為」を選んだ結果が「感情」(楽しい、悲しいとか)と「生理反応」(涙が出るとか)
人の行動はこの4つの要素から成り立っていて、これを「全行動」と言っている。

合格自分の願望
選択理論では「上質世界」と言われています。自分が求めるものとか人とか状況、信条、信念のイメージ。
たとえば、「井川遥になりたい」とかそういうこと。
この願望へ到達するために、現実との折り合いをつけながら思考や行動を変えていく。
あるいは、この願望そのものを、現実との折り合いをつけて変えていく。
この「現実との折り合いをつけて変える」ことを選択理論では「創造性」と呼ぶ。

あーなったのも、こーなったのも、
全て自分の責任。。。
選んできたのは自分。。。
未来も選び取れるってことだ。。。
私の選び取りたい未来ってどんなだろう。。。


2日間選択理論をご指導くださったのは、キラキラ選択理論エヴァンジェリストの渡邉奈都子キラキラさんです。
活動拠点は静岡だそうで、都内での活動はあまりないのでしょうか。少し残念です。
素敵な奈都子先生、ありがとうございましたラブラブ