読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の私は本気です

いつも本気でいたい。

ブログを引っ越しました!

こんにちは!!

 

さてさて、ブログ、引っ越しました!

よろしければ、引っ越し先でもよろしくお願いいたします!!!

 

引っ越し先↓

今年の私は本気です

rukako.net

かりんとう屋 東京カリントさんの直売会に行ってきた

おいしい記憶 毎日のこと

長男と長女に挟まれた、うなぎの寝床みたいなスペースで、肩身狭く寝ています。
毎朝起きると疲れています。睡眠って一体何なのでしょうか。

 
さて。こんにちワルシャワ条約。
 
突然ではありますが、皆さんはかりんとうを食されますか?
実は私、かりんとうは甘味の中でも苦手分野なんですけれどもね…苦笑
随分前にもらったかりんとうで、あれ?これおいしいな、ってのがあったんですよ。野菜かりんとうっていうのなんですけどね。
f:id:rukakobuta:20170212164218j:image
 
f:id:rukakobuta:20170212164222j:image
 
誰がどこで作ってんだ?とパッケージを見ていたら、えっこれって割と近所じゃない!?と気付きまして。
板橋区にある東京カリントさんが作ってはったんです。(なんで似非京都弁…)
 
先日そのかりんとう屋さんに行ってみたんですよ。そしたらば、直売会のチラシがあって。
f:id:rukakobuta:20170211045220j:image
 
ほほう、面白そうだと思って、直売会に行ってみましたの。
美味しかった野菜かりんとうを始め、色んな商品が選り取り3袋500円で売られたりしていて。
ここの野菜かりんとうって、スーパーで買うと200円くらいするんですよね。
でも3袋500円で買えちゃう。20%オフって感じかな?
f:id:rukakobuta:20170211045617j:image
f:id:rukakobuta:20170211050314j:image
 
試食コーナーもあったりして。
ここでいただいたおせんべい、匠の技ってのがこれまた美味しかった。
上品な歌舞伎揚げって感じね。朝日揚げってご存知かしら?あれも上品な歌舞伎揚げで美味しいんですけど、朝日揚げを更にライトにした感じかな。
f:id:rukakobuta:20170211045719j:image
 
匠の技、販売中ってことだったので、よっしゃ買っていこう!と思ったら…
20枚1,000円って割と高級品だった。ひえー。
f:id:rukakobuta:20170211045836j:image
 
直売会開始して1時間も過ぎた10時頃から、わらわらわらと人が集まってきていました。シニア層が主だったのですけどね。カゴいっぱいにお菓子を買われている方もいて…。
地方発送もしているみたいで、手配している方もチラチラ。
どうやら界隈では定評のある直売会らしい。
f:id:rukakobuta:20170211050243j:image
 
かりんとうって、小麦粉と砂糖からできてるから、まぁドーナツと変わりゃせんで、太るおやつという印象は拭えないんだけど、たまに食べると美味しいよ。
 
お近くの方で興味のある方は、覗いてみてもいいかも。
次回は2017年3月3日、4日に直売会あるらしいです。

ブックスタートパックを貰ってきたよ

子育て 読む読む 毎日のこと
生きてるといいことがある日ってあるよね。
 
みなさま、おはこんばんちわ。 
 
さててのて、昨年の12月に、赤ちゃんに初めての本を自治体からプレゼントしてもらえる、ブックスタート事業についてちょっと書いたのですが。
↓この記事
 
実は平成28年度の板橋区ブックスタート事業では、だるまさんが、という既に持っている本がプレゼント対象だったのですよね。
うーん、持っている本ではなくて、持ってないのがいいなぁ、なんて日に日に我儘全開状態になってしまいましてね・・・。
1歳になる直前まで本はもらえますから、そうだ!平成29年度の本に切り替わったらもらいに行けばいいんじゃないか、と考えましてね。
図書館の人に、ちらっと聞いたんですよね、29年度の本に切り替わるのはいつですか、って。(ほんとそこまでするのか、お前はw)

そうしましたら、切り替わる時期がいつ、ってのがない、ようなことを言われまして。。。。うーん、5月かな、とかそんな感じで。

すると、28年度より前の年のものでしたらお渡しできますよ、とのこと。
見せていただいたら、持っていない本でしたので、ではそちらを・・・とありがたくいただいてきましたよ。
f:id:rukakobuta:20170213221155j:image


がめつすぎる恥ずかしいエピソードではございますが、ははは・・・。

ダメ元で聞いてみるといいことあるもんですね・・・。

【子連れ旅行】ルネッサンスリゾート オキナワ滞在記 その2

子育て 子連れ旅行 旅る旅る

どうも、鬼母です。

 
さて前回のルネッサンスリゾート オキナワが良かった件について、続きだよ。
前回の記事はこちらから、サンキュー↓
 
ホテルの敷地内で結構楽しめる
敷地内には、プライベートビーチ、コーラルフィッシュが泳ぐ人口の入江?みたいなところ、教会、プール(夏オンリー)、室内プール、卓球ができるところなどなどがあります。また、様々なアクティビティが楽しめるプログラムも充実しています。我々は、Club savvyメンバーだったので、無料で楽しめるアクティビティがありました。子どもの年齢も2歳と0歳と低いため、激しいアクティビティは避け、無料で楽しめる範囲で十分満喫いたしました。
入江みたいなところ↓

f:id:rukakobuta:20170207103706j:plain

 

実際我々が体験したアクティビティはコーラルアドベンチャークルーズ、とフィッシュフィーディング。
コーラルアドベンチャークルーズは、本来なら途中で水中展望室からお魚さんを観察できたのですが、悪天候のため叶いませんでした。結構風の強い日で、出航したはしたんですけど・・・あまりの揺れに私はちょっと参ってしまいました・・・汗。
フィッシュフィーディングは、敷地内に集まってくるエイに餌をやるというもの。51匹のエイにイワシなどの切り身をポイポイしました。子どもは結構楽しんでましたよ。
↓フィーディング前の説明中。エイがご飯の予感に集まってくる。

f:id:rukakobuta:20170207100439j:plain

 
子ども喜ぶ室内プール
夏ならプライベートビーチで海遊びできたけど、沖縄でも冬の海は冷たくて入れない。それで室内プール(無料)に行ったんだけど、小学生くらいまでなら十分楽しめるウォータースライダーが結構楽しくて(親の私もかなり楽しんだw)、滞在中は毎日通った息子。少し深めのプールに足が付かない子には浮き輪(無料)を両腕に付けてくれます。

 f:id:rukakobuta:20170212214108j:image

 

便利な場所にある

ルネッサンス那覇空港からレンタカーで約1時間、美ら海水族館へもレンタカーで約1 時間強と割とアクセスが良いです。
また、おんな(恩納)の駅という道の駅に歩いて行けるので、沖縄グルメ(また後日書きまーす)を楽しんだり、お土産を買いに行くのがとても気楽です。
沖縄自動車道で移動する場合、ルネッサンス最寄りのインターで降りると、マックスバリュというスーパーが近くにあります。朝も昼もビュッフェだと正直夜はいらないかなぁ、とか軽くていいや、ってことになるので、ここでちょっとしたお惣菜、買っていくと便利でした。(この案は他の方のブログを読んで勉強させてもらいました。)
ホテル内にも売店があって、カップラーメンは売ってるんですけど、おにぎりなどになると売店にはないので、マックスバリュみたいなお店で買うのがオススメ。
 
じゃんけんスタンプラリーが楽しい
子ども向けにじゃんけんスタンプラリーがあります。ホテル内のスタッフとじゃんけんをしてスタンプを集めていくというお遊び。あるところまでスタンプが集まると嬉しいご褒美があるというもの。
うちの子結構ハマってて、じゃんけんする人探しに行く!って妹の分までじゃんけんしまくってました笑
スタッフの人も、頑張ってね〜と温かいお言葉をかけてくれましたよ!
 
ランドリールーム無料
各階にあるランドリールーム。洗濯機5台、乾燥機5台、だったかな。6台だったかも。洗剤もご自由にどうぞ、ってのがあって、無料で使いたい放題でした。一応、4日間分の衣類は持って行ったけど、無料だったから試しに使ったら便利すぎて感動した。この天気なら明日も着たいなって服を洗濯できるのが有り難かったわ。
 
中日ドラゴンズの選手に会える
私が行った2月の初旬は、中日ドラゴンズが近くでキャンプ中で、選手たちの宿泊地がルネッサンスでした。
残念ながら、私の記憶の中の中日ドラゴンズは、福留がいるチーム、から時が止まっており、知っている選手はいませんでした。
エレベーターで一緒になったり、レストランで一緒になったりと、ファンならワクテカものですね。一度エレベーターの中で、松井捕手に声をかけていただきましたよ。
(宿泊地は中日ドラゴンズの公式ページでも確認できます)
 
ルームサービスがボリューミー
朝も昼もビュッフェでお腹いっぱいの親が夕飯を渋っていても、子どもの腹は空く。ってことで、1日だけ子どもの夕飯用にルームサービスを頼んでみました。(私としたことが写真を撮り忘れてしまった。)1000円ちょっとで、ドリンクとデザートもついてかなりのボリュームでした。
 
長くなっちまったぜ。今回ほど、ホテルの良さを伝えたくて仕方なかった滞在は久しぶりでした。
沖縄に子連れで行くなら、ルネッサンス リゾート オキナワに3泊以上!で決まりだと思います。
 
それでは、ばいなーら。
 

【子連れ旅行】ルネッサンスリゾート オキナワ滞在記 その1

旅る旅る 子育て おいしい記憶 子連れ旅行

息子が突然、ボンジュール!と言い出したので、
ええっ、フランス語なんて聞かせていないのに・・・と不思議に思っていたら、
機関車トーマスで女の子の機関車がボンジュール!と挨拶するシーンがありました。
これだったのか・・・!

 

さて、先日沖縄に家族旅行に行ってきました。
その時宿泊したのが、ルネッサンスリゾート オキナワ。

renaissance-okinawa.com

 

こちらのリゾートホテル、結構良かったのですよ。
何が良かったか・・・以下ご紹介しますね。

 

Club savvy(クラブサビー)
まず、Club savvyというシステム。3泊以上宿泊するゲストはこのClub savvyメンバーとなって、無料で様々なおもてなしを受けられるのです!
特に我々が特に気に入ったのは、Club savvyラウンジと無料の朝食とランチ!

Club savvyラウンジでは、様々なドリンクが飲みたい放題。Club savvyメンバーしか入れない温泉から上がった後、こちらのラウンジでゆったりのんびり。(子どもがいるので実際そんなにのんびり出来ないのですが・・・)
泡盛がサーブされる時間帯もあり、またシャンパンやカクテルがサーブされる時間帯もあるのですよ!アルコール飲めたら、シャンパン浴びたんだけどな・・・。
↓Club savvyラウンジ

f:id:rukakobuta:20170207153837j:plain

 

それから、ホテル内のレストラン、フォーシーズンでの朝食。
フォーシーズンの朝食はおしゃれなお野菜がたくさん。おしゃれチーズもあったり、おしゃれパンケーキ、おしゃれフレンチトースト、おしゃれエッグベネディクトもあって、朝から優雅な気分に…!

f:id:rukakobuta:20170206070831j:plain

 

それから、超嬉しかったのが、Sailfish cafeというレストランでの無料のランチね。これまで宿泊してきた様々なホテルなどでは、ランチを食べる場所がなかったり、あっても有料。な!の!に!こ!こ!は!無料の!ブッフェええええええ!ポークステーキは美味しいわ、煮込み料理は全てストウブ使ってるし、焼きたてのピザが食べられるわ、デザートも充実、子ども食専用のエリアはあるわ、まー、大満足だったわけですよ、ええ。

f:id:rukakobuta:20170211101802j:image

↓ポークステーキ、ネギだれと、ステーキソースの合わせ技で、美味しすぎた…!写真が悪すぎる…

f:id:rukakobuta:20170211101847j:image

 

なんだか長くなりそうなので、次回に続きまーす。

 

ずっと曇りだったんだけど、一瞬見えた晴れ間。 

f:id:rukakobuta:20170207113244j:plain

 

公文の先生の説明会に行ってきた

子育て 学び 毎日のこと

働き方を変えなければならない時が来そうな予感。

さて、こんにちわっつあっぷ。

ちょっとだけ公文の先生に興味があって、先日公文の先生の説明会に行ってきました。
なんで興味があったかっていうと、会社に毎日通勤するよりも、週2回、各5時間程度の勤務で良いってところが子どもを2人育てながらでも柔軟にいけるかな〜って思ったので・・・

公文の先生ってこれからどんどん子どもが減っていくから、どうなんだろうなぁ、とも思ったんだけど、そういう疑問を解決できたことも含めて、説明会に行ってよかったなって思いましたよ。
f:id:rukakobuta:20170210174040j:image

説明会は、公文の理念に始まり、公文の歴史、公文の教材の紹介、公文の先生の1日に密着的な動画を見て、収入のシミュレーション、質疑応答・・という流れで進みましたよ。ちなみに参加者は私だけ。平日の朝だったからかな…?

読んでくださった方からコメントもらって、追記が必要かなと思ったので追記しますね。公文の先生イコール自分の教室をもつ、ということになります。分かりやすく言うと、フランチャイズシステム。

以下、私が質問したことなど、ちょっとシェアしてみます。


稼げるの?

ぶっちゃけ、最初にある程度の投資資金と自己負担金(合わせて80〜100万くらいだそう)は必要だし、軌道に乗るまでは収入も微々たるもの(10万もいかないかもしれない)、ってのが現実って所ですね。
ただ、実際公文の先生をされている方によれば、”そんなに稼げないんじゃ、誰も公文の先生なんかにならないわよ”っていう方もいらっしゃるらしい。
経営手腕によるって所なのかしらね。あとは、軌道に乗らないと1-2年で辞めてしまう方もいるみたいで、何事もそうだけど、結果をすぐ求めるのではなく、細々続けていく必要もあるかな、と感じましたです。


少子化らしいけど、今後も需要あるのかな?

東京だけに言及すれば、子どもの数は増加傾向にあるんだそうです。
それから、シニアな先生が引退するにあたって、その教室を引き継ぐ、という形でも需要はあるようでしたよ。教室を引き継ぐ場合、生徒さんも引き継ぐから、1から教室開設というわけではない点で少しハードルが下がるかな?!
教室の新設と引き継ぎの割合は、1:4なんですって。現存の先生も高齢化が進んでるみたいで、需要は意外とあるのかな〜って印象。


生徒をうまく集められるかな?

ここは、本部によるサポートが得られるらしいですよ。

 

先生としてどの程度の学力が必要?

先生になるにあたって、面接と基礎的なテスト(算数・数学、国語、英語の3教科)があるらしいです。テストでは、中学校卒業レベルの学力を試されるらしいですね。算数でいえば、分数の四則演算、因数分解あたり。


男の先生っているの?

実際はいないらしい。というのもやっぱり一家の大黒柱として(この考え方自体もう古いと思うけどね)の収入は、公文の先生では得られないから、ということらしいですね。

 

海外の公文で使っている教材を日本の教室で使えるの?

海外でも着実に輪を広げている(世界へ広がった経緯|What's KUMON?|公文教育研究会)公文の教室。なかなか好評なようです。
で、例えば英語でも算数でも学ぶ時に、英語で学ぶと面白いんじゃないかな、って思って、海外で使われている教材を日本でも使えるのか、と聞いたところ・・・それはNGってことでした。需要あると思うんだけどな、残念。

 

日本で公文の先生だったけど、海外でも先生できる?

公文の先生って、各地域の事務局において許可されないとなれないらしいので、日本で先生やってたからって海外でもそのまま先生になれるとは限らないらしい・・・。
いやほら、何があるかわからない、家族で海外に移住した時に、公文の先生やってたことがメリットになったら嬉しいなって思ったから聞いてみたの。

公文の先生になる前にまずは教室で採点のお仕事

これは必須ってわけではないらしいですが、教室を開設する前に、採点のお仕事をしてから・・・という人が多いらしいです。実際、私も今ちょっと知り合いの先生のところで採点のお手伝いしています。(いやすぐに公文の先生になるわけじゃないんだけど)まだ数回しか行ってないけど、生徒とその親とスタッフとのコミュニケーション能力が非常に大切だわね、と自分には難しいかなって感じてる。

 

いざという時は生徒もスタッフも守るのは自分

教室が1階にあるようなところでは、窓ガラスを割られたり、1階じゃなくても、酔っ払いが乗り込んできたり、変な人が乗り込んできたりすることもあるそう。そういった場合は、自分が生徒やその他のスタッフを守らなければならない覚悟は持っておく必要があるみたいです。催涙スプレーを常備しておくように、といった指導が本部からあるみたいですね。


ちなみに

公文の先生の子どもの受講料は無料なんだそうですよ。1教科6,480円が無料っていうのは嬉しいかも…!

先生同士の勉強会みたいなのがあって、それに年間20回参加しなければならない、というルールもあるみたいですよ。


以上であります。

もし公文の先生に興味がある方がいらしたら、気軽に説明会に参加するだけでもいいかもしれませんよ。

【子連れ旅行】美ら海水族館に行ってきた

旅る旅る 子育て
沖縄にいるのに、
沖縄いこーよーーー、というもうすぐ3歳児。
どうやら海のことを沖縄と言っていたらしい。

さて、先日より沖縄は本島に来ています。
今回宿泊しているのは、ルネッサンスリゾート オキナワ。このホテル、とっても良い。すんごく良いの。
来年もまた来たい!それくらい良い。
宿泊記はまた後ほど書くとして。

昨日、美ら海水族館に行ってきました。
ルネッサンスリゾート オキナワからレンタカーで約1時間(沖縄自動車道利用)。

こちらの水族館はやはり、巨大水槽 黒潮の海が見ものかと思います。あの水槽の中にはいくらでもいられますね。
この巨大水槽を上から眺めることもできますよ。
はて、ジンベエザメでかっ、というCMは何年前のものだったか。
ジンベエザメさん更に横に成長されていた気がしました。
そうまるで出産後の私ですね。
f:id:rukakobuta:20170207090403j:image

また、沖縄近海に住むドリーやニモ、あ、ナンヨウハギクマノミでしたね、といったコーラルフィッシュ(サンゴに住む魚)も多く展示されているのも特徴ですよね〜。
琉球海溝に生息する深海魚達も見る価値ありますね!
あと、子どもよりもでかい亀たちも、面白いです。でっかい亀が大量に泳いでいる光景はなんだか…異様です笑
f:id:rukakobuta:20170207091210j:image

個人的に終始思っていたのは、鴨川シーワールドの魚達の人懐っこさは激レアなんだなってこと。
美ら海には美ら海の良いところがありますけどね!

美ら海水族館は、朝の11:00頃には平日でも相当混雑してきて、見物がスムースにいかないので、開館と同時に入るのがいいかもしれません!